SHILISUのすとれーじぼっくす

詩、文章。日記。書いてる人は適応障害。抑うつ状態で休職してましたが復職しました。

○日記○さて・・・

すろぷんの仲間内で、「かくれんぼ」が流行っている。

通常のアカウントではなく、サブ垢を使って、開始の時間をみんなに伝えて、見つけてもらうというものだ。

探してくれるお友達がいないと、ただ初見さんを待つだけの一人きりの枠運営になる。しゃべってもいいが、一人でしゃべり続けることもできるが。

それをすると、ステルスですぐに隠れている相手に(リスナー)にばれてしまうので、どちらかというと静かに待っていたい。

ということで、今、あたしはこれを打っているwwwww

遊んでくれる皆さんはいてくれるだろうか、まず。

というところである。

時間帯的にはたくさんの枠がたてられる22時台。すこし遅れたので、「22:10~」とツイートはしておいたが。どうなることだろうか。

 

時々、「ふうん」とか「んー」というあたしの声。BGMにのってしまって口ずさんでしまう鼻歌をひたすらステルスでまつか。

「♯何もなければ枠主はブログ打っている」「♯お気軽に」の二つだけで、あとは、アイコンの趣味、アカウント名、BGMの癖でしか探せないと思う。

 

入室したら固定コメントに

「こんばんは。いらっしゃいませ。 かくれんぼ中です」

と書かれているのだが。

 

そんなこんなで20分、ひとりである。少し笑える。

さすがのゴールデンタイムの過疎枠である。誰の目にも止まらない。

流れ星(入室してすぐに退出)さえ流れない。

 

しばらくこれでやるか。面白いから。ってなもんである。

どのアカウントとも紐つけてないのでたどることもできぬ。

クスクス

うふ

楽しい。

 

ハ―コメと自己紹介をつくっておこう。あと、ウェルカム定期を。

いちおう、本垢に誘導できるようにしておこう。

ふふ。

ありがたい。

とりあえずは今回は22:45まで。

先ほどツイートしておいた。

 

あーーーーーー好きな歌い手さんのBGM、ここで知っている人ならば気づく可能性が高いのだが。

新しいプレリスのお披露目でもあったのだが。つまりはまだ使えるということか。

 

よし。

残り二分。

☆詩☆ 即興(2021.9.23)

声にならないほどの

想いを持って

貴方への憎しみを

思わせぶりな態度で

人の気持ちを踏みにじる

その感覚を味あわせてやりたい

感覚は人それぞれだけれど

なんといっても

貴方のそれは悪意

悪気がないこと自体が罪

そして

わずかな真実を織り交ぜた

嘘偽りをぺらぺらと作り話す

その神経に

あたしはアイスピックを突き立てたい

首筋に背筋に

どんなに猟奇的だと言われようとも

この感覚は本物で

それでいて

あの時冷静だった自分をほめてやりたいど

怒鳴ることでしか感情を表現できないあなたを哀しく思う

こんなにもバカな人にあたしは何を預けていたのだろうかと

あほらしくてものが言えない

まぁ

今では思う

その価値もないと

嘆いていやる価値もない

ただ

ぼうっと

苦々しく思い出す感覚を持っているだけ

その感覚もそのうちになくなって

貴方はただの通過点になる

馬鹿らしくてたまらない

そんな存在にさようならを

いまはまだ

周囲とあなたがどれだけ無価値な人間か

それを話していることにする

そう

貴方の周囲に人はおらず

正直に自分の非も認めて早い段階で謝罪して

真摯に対応した

あたしの方が信頼度が高いに決まっているでしょう

そういいたくてたまらない

悲しいほどに

あなたはの存在は

今となっては馬鹿らしくて

まだ

そう考える自分に嫌気がさす

早く

通過してしまえ

でも

まだ

憎々しくおもいたい

この相反する感情をどう

表したら

そんなことを考えて

あたしは

夜を超えていく

●記録● PCR検査受けた報告

ガッツリ報告を忘れていました。

あたしの受けたPCR検査の方法は、唾液を一定量採取するものでした。

あまりよく案内を読んでいなかったのですが。

検査の30分前からの飲食をしてはいけないとのことでした。

ちょうど、ドライブがてらで水しか飲んでなかったのでちょうどよきでした。

定量の唾液を容器にとって、それをもとに検査というタイプ。

「レモンや梅干しの画像を検索かけてください」「あごの上から下にかけてのツボを刺激してください」という表記のある、そうですね。選挙の記入所とういうか、某ラーメン店の味集中システムというか。個々で立って容器に唾液を個人で入れて、適度な量を採取できたら提出して終了。

スマホでまずはレモン、からのシークワーサーの画像を検索して、ツボ押しをして。

本当に流れ作業のような検査でした。

12時間以内に結果がメールで届くということでしたが、4時間後には受け取ることができて「検出なし」とのことで。

 

いわゆる「陰性」でした。

 

面白い経験をしました。ただ、容器なんかは結局に慣れているものだったので、勝手に親近感。

その後にも機会はあるかもしれないと、登録して次回から予約のしやすいようにしておきました。

職業柄ですね。

 

連休が明けましたね。少しだけ頑張って、また少し休んで。

9月はきついですが、楽しいお仕事ができるといいです。

 

●記録● PCR検査を受けに行きますよ

先日、職場でコロナウイルス陽性者がとうとう出ました。

もちろんすぐに対応してもらい、濃厚接触者をリストアップ。

結果、そうですね、あたしは濃厚接触者Aと接触

ただ、そのAが陽性者かどうかはまだわからず。

濃厚接触者はPCR検査の結果を踏まえても、しばらくは職場には来ることを禁止されているのですが。

Aとあたしは、あたしがマスクをしている状態でAはノーマスク。15分以上の会話そ対面で1メール以内で行っていたため、職場でのPCR検査の対象にはならなかったのですが。とりあえず、午後休を取って実費でPCR検査を受けに行こうと思います。

本当は昨日のうちに受けに行きたったのですが、予約は前日にしかできずに今日になりました。

というか、週末のせっかくの連絡網の動かなさにげんなりです。

ってことで、行ってきますね!!

どんな方法だったかとか、そういうリポートを記録ううとして残したいと思います。

お?お楽しみに??

 

 

 

 

○日記○ すぷんへの課金

娯楽というか、このコロナ渦で、外に出ることが少なくなって、存外にお金を使う先が減っていたため、すぷんに対する課金への抵抗が全くない。

いわゆる推し活、推し事、状態である。

ただ、やってみて分かったのは、やっぱり、それらは、日々のストレスや鬱憤を晴らすための活動として、楽しまれるものであるし、その対価としての出費であると考えると、家計的には変化がない。

そうか、こうやって成り立つものなのか、なんて思ってみている。

ただ、金銭感覚の異なる人たちには圧倒される。

久し振りに「札束で殴る」という表現を自分でも使っていて面白く思う。

ただ、基本的な生活の成り立っている人がやるべきものであって、推しや応援したい人物にいくらも入らずに運営にだけ持って行かれる、課金は推し活としてはどうなんだろう??

もちろん運営があるからこその推し活かもしれないけれど。

ある程度は推しに行かなければ、それは応援といえるのかわからなくて。

少しばかり、気になるお年頃です。

数字というか、なんというのでしょう、あたしは目に見える状態でのキャッシュにこだわっている部分が合って、クレジットカードの類を持っていない。電子マネーの類もあまり使用しない。

実際に目に見える状態の方を好むからだ。

その方が気にかけて見ることができて、自分がどのくらいの財力を持っているかがわかりやすい。資産運用の方法なんてのは個人で違うが、「くるってるなーーーーー」「それとも本当に価値観が違うのかしら」となることが最近出てきた。

面白いもんである。

ただ、何気に8月以前よりは使う予定がなくなったので、少しばかり自分の実になるように貯蓄に回すのもありだなぁと思うのです。

 

はい。

そんなしりすでした。

○日記○9月が来たね

この日がやってきた、9/1だ。今年も残すところ4か月です。

2/3は終わってしまったと。

不思議な気分です。

なんだかんだと、夏休みがうまく休めたのかなんなのか。

 

コロナウイルスの影響が、僻地勤務のうちにもひしひしと押し寄せてきています。

なんだかんだと、分散というわけでもなく、自宅待機の生徒がいる状態で。

今の問題はオンライン授業にうちの職場が慣れてなかったということですね。

それゆえのパタパタが半端ないですね。

これに関しては前回の職場はしっかり対策していたなぁなんてことを考えます。

なんだかんだと今の世代というか時代はやはりオンライン授業ですのようですね。集団行動の有無について考える機会になります。

大事だとは思うのですが。集団の中で自分の位置を画一して過ごすというのはなんだかんだ社会に出ていくうえでとても大切なスキルですからね。

それにしても、今回の職場の生徒ののびのびさにはおどろきます。

中にはいろいろ考えている生徒もいるのですが。

すごくのんびりしているというか、悪い意味で言うと危機感がない。

でも、いい意味で癒されます。

その分、支援は必要ですが。

 

うちの職場には、今、子ヤギが4頭います。すごくかわいいですなんなら、

一匹は視力がわるく、なんというか、耳と光だけで生きているようで、一人の職員にべったりです。

が、今日はあたしから絡みに行きました、

生後1っか月?でももう角が生えているのですよ。

面白くないですかかわいいです。今度、画像を添付しますね。

 

なんかカンダと楽しんでいますから。ただ、すぷんの臨マネ先をがんばらせてくれる配信者にあうとありがたいことです

○日記○ すぷんのはなし

人間関係とは不思議なもので、すぐにつながって、いきなり深くなって、そして思ったよりも簡単に切れていってしまう。

その簡単さに、自分でもびっくりしてしまう。

今回はその最たるものだったと思う。

自分でもびっくりする。そして、おどろくほど、今はすっきりしている。

周囲の助けのおかげともいう。ほんとにありがたい。

 

みんながきちんと理解してくれて、そのうえで、誰にも影響のないようにふるまってくれている。

明日には、もともとのすぷんの垢を消そうと思う。

しりすの垢だ。

そうそう、あたしにアカウントを消せと言っていた誰かさんはどうするのだろう。驚きそうではあるが。

消した後に地味に探されそうである。

こわいこわい。先にブロックしておこう。

 

新しいアカウントの名前は、すぷん内での弟たちが考えてくれた。

やっぱり「海」は外せなかったらしいのと、あたしが歌うからだろう「奏」という案が出た。「波」なんかもあったけれど。

「奏海(かなみ)」になった。

どうせなので、ツイッターのアカウントごと消すことにした。

 

しばらく、かなみで動いているが、やはり、みんな「しりす」と呼んでしまうらしい。

わかってはいるけれど。慣れてもらわねばであるw

まぁ、「しりす」でもいいのだけれど。

ばれたり、もう呼んでほしくないとか。そういう人もいるから。

それを考えるとである。

 

まぁ、ここに書いている時点ではと思うが、いうて、あたしのこのブログを読んでいる人も少ないというか、ほぼ皆無なのを知っている。

たまには読んでほしい場合があるのだが。

いいか。

 

「声と声でつながるアプリ」とはよく言ったもんだ。

 

裏ではいろいろ言われているんだろうなとは思いつつ。

なんともなぁ。(いうて、あたしの方でもいろいろ握っているし。つぶされにかかったらつぶしにかかるだけだし。)

 

さて、どうなるでしょうね。

とりあえず。あしたの何時に引退枠をしようか。それだけですね。