SHILISUのすとれーじぼっくす

詩、文章。日記。書いてる人は適応障害。抑うつ状態で休職してましたが復職しました。

●記録● PCR検査受けた報告

ガッツリ報告を忘れていました。 あたしの受けたPCR検査の方法は、唾液を一定量採取するものでした。 あまりよく案内を読んでいなかったのですが。 検査の30分前からの飲食をしてはいけないとのことでした。 ちょうど、ドライブがてらで水しか飲んでなかっ…

●記録● PCR検査を受けに行きますよ

先日、職場でコロナウイルス陽性者がとうとう出ました。 もちろんすぐに対応してもらい、濃厚接触者をリストアップ。 結果、そうですね、あたしは濃厚接触者Aと接触。 ただ、そのAが陽性者かどうかはまだわからず。 濃厚接触者はPCR検査の結果を踏まえても、…

○日記○ すぷんへの課金

娯楽というか、このコロナ渦で、外に出ることが少なくなって、存外にお金を使う先が減っていたため、すぷんに対する課金への抵抗が全くない。 いわゆる推し活、推し事、状態である。 ただ、やってみて分かったのは、やっぱり、それらは、日々のストレスや鬱…

○日記○9月が来たね

この日がやってきた、9/1だ。今年も残すところ4か月です。 2/3は終わってしまったと。 不思議な気分です。 なんだかんだと、夏休みがうまく休めたのかなんなのか。 コロナウイルスの影響が、僻地勤務のうちにもひしひしと押し寄せてきています。 なんだか…

○日記○ すぷんのはなし

人間関係とは不思議なもので、すぐにつながって、いきなり深くなって、そして思ったよりも簡単に切れていってしまう。 その簡単さに、自分でもびっくりしてしまう。 今回はその最たるものだったと思う。 自分でもびっくりする。そして、おどろくほど、今はす…

○論○ 発想力はあっても行動力は

好きなラジオ番組の一つに「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」がある。 そのなかで出会って、すごく共感できた言葉がある。 会社には「口だけの人(発想力は豊かだけど実行力が伴わない)」が会社には居るという言葉だ。 発想力はあって、アイディアを出す。可能だ…

☆妄想日記☆ 平日の人魚

人魚の鱗と髪の色の組み合わせて考えて遊ぶことがある 一番好きなのは、鱗が青で、髪がピンクの組み合わせだ。 ただ、一番いいのかもしれないと思っているのが、鱗が茶色で髪が水色だ。 できれば人魚の髪は長くあってほしいし、鱗だけでなく、鰓も、背びれも…

●記録●コロナワクチン接種二回目③

20時時点の体温が37.5℃でした。 昨日の夜から少しだけ微熱37.4℃、体調というよりも、おそらく昨日も書きましたが、気持ちの面でへらってしまい。ずーーーーーーーーーーーーーっと寝てました。 途中おきてご飯を食べて、ねて。 体温はかり、体調の変化を気に…

●記録●コロナワクチン接種二回目②

コロナワクチン接種2回目の2日目 熱が出るかな、気持ち悪くなるかな?いろいろ考えておりましたが。 結局何が起きるわけもなく。 1回目のような接種した腕の筋肉痛も程度が小さくて。 むしろ日焼けの方が気になるという始末。 あは、ただ、接種部分は少し熱…

●記録●コロナワクチン接種2回目①

さて、待ちに待った?コロナワクチンの2回目接種に行ってきましたよ。 しかし、職場に書類を忘れていて、接種会場とは全く反対側に車を走らせ、それからですよ。高速走らせて、久々の道を通ってと。いやあ、ただただ疲れましたね。 さて、前回と同じで、金曜…

○日記○ 皮膚科に行ってきたよ

腕の日焼けという名の火傷が酷くて、皮膚科に行ってきました。 皮膚科の先生も引くほどの日焼けだったですね。 というか、初期処置を完全に間違えましたね。 どんな感じかって、服を脱ぐと皮がむけるんす。 やばいやばい。 軟膏を処方してもらって、飲み薬に…

○日記○ 海に行ったよ

釣り好きが遊びに来てまして 釣り場を探して回ったり、釣具屋を回ったり、海上イカダで釣りしてみたり。 釣り好きさんは釣りたがっていた、ロウニンアジ(ガーラ)、ハタ(ミーバイ)、ナンヨウブダイ(イラブチャー)、フエフキダイ(タマン)のうち、タマ…

○日記○ きょう

おともだち?が部屋に来ています。 しばらくいらっしゃるようで。 日々遊んでいます。 今日はスロットとパチンコをしました。 パチンコの方が、わかりやすいですが。 スロットの方が、のめりこめそうです。 まぁ、これでやるというのもどうかともうのですが…

☆詩☆ 即興(2021.8.6.)

「月夜」 波の上にちらつく キラキラと光るのは 月の光か人魚の涙か あのパールとは違うアクアマリン 浮くことなんてないのに きっと宝石が散らばっているのではなんて 海の上に波の上に キラキラ光る道 あたしに渡ることができることはなけれど そっと あの…

○日記○ 最近

最近思うことは、なんていうのでしょう。 人間関係というか、なんというか、感情を人に伝えること。 その仕方、発露のタイミングは人それぞれ、そしてそれを受ける側のタイミングと感情の起伏、その反応は、本当に不思議。 ここ数日は、信頼を置いていて、信…

☆詩☆即興(20210804)

結局のところは 時が過ぎることだけを待って 今は一人 抱えた花を 色で分けて 一輪いちりんに分けて そっとそれぞれ 花弁をつまんで すききらいすききらい わすれるわすれないわすれるわすれない どう頑張っても答えには たどり着かなくて たどり着かせたく…

●記録●コロナワクチン接種その③ 投稿したつもりだった

昨日、画面に打ち付けるだけ打ち付けて、投稿していなかったらしい。 申し訳ない。しかもデータはない。 こまった。 とりあえず昨日の自分について考えてみる。 まず、倦怠感は全体になく、あるのは左腕(ワクチン接種部)のかゆみだけ。 そこまで筋肉痛とい…

●記録●コロナワクチン接種その②

起きて、さーて。ぼーとしながら。 左肩?と考える。 10:00そうですねぇ、接種部位が筋肉痛?な感じ。肘から下の痺れとか違和感はなし。えーと体温は、37.0℃(昨日は36.9℃でした。平熱36.8〜37.2)ですね。 16:30相変わらず、左上腕は筋肉痛のような感覚。な…

●記録●コロナワクチン接種その①

とりあえず、早めに会場前についてすぷんで配信。配信直後に同僚に声をかけられる。 14:00会場入り 確認事項、問診(ワクチン接種は月経でも関係ないってさw)、各所手続き。 14:12ワクチン接種 「だらーんとしてください」「見てていいですか?」「え?あ、…

☆詩☆感想文 とワクチン接種だってよ

感想文 あまりにも綺麗な言葉とすんだ心ばかりが、キラキラと湧水が溢れるように連なっていて、くらくらした。 あたしの内には、何だかドロドロとした不確かな気持ちがわだかまっていたのに、白いページに踊る活字はとても素直で美しかった。 読んでいて惨め…

○日記○ 習慣について

日曜の朝も、決まった時間に目が覚める生活を始めてどのくらいでしょう。よほどのことがない限り、基本は6時までには目覚めます。毎日同じ時間にアラームが鳴るだけなんですけど。 大学の同期がmixiをやめるときの理由で、日記をつけたかった、というのがあ…

☆言葉☆蛹というカラを残して、

死ぬと言うこと‥‥「サナギというカラを地上に残して、あの世で蝶になる」 眠れぬ夜に読んだ、ある本の中で見つけた言葉。あたしはその言葉に懐かしさと共感を覚え、魅せられた。 見つめていて不意に昔書いた文を思い出した。 『影は いつかひらひら飛んで 身…

☆詩☆星に願いを

星に願いを たくさん流れる流星群ではなくて、普通の流れ星。キラリと光ってすぐに消えた儚い輝き。幼い記憶に残る感動。ふと見上げた夜空に二筋の煌めき。考えてみればあの輝きを目にしてからだ、あたしが星に願いをかけるようになったのは。 幼いあたしの…

☆詩☆無題の詩 と7/21

今ふと思ったのだけれど、 いい夢ってのは、きっと身体がその感覚を欲しがって吸収してしまうのではないだろうか? くだらなくていい。 例えば今日のあたしの夢の「歌を誰かと共有できて、しかもその曲がとてもいい歌で、心に染み入るような歌だった」って言…

☆SS☆鏡の上の波 チョコチップクッキーは

鏡の上の波 「‥‥難しい」 鉛色に青光りする波を眺めながら、小さく呟いた。 船は小さな島島を渡り、今、あたしは帰郷のための船に乗っていた。 帰路の安堵感なのか、旅の疲れなのか。眠いのか、ダルいのか、そんなよくわからないような状態で、あたしは海を…

☆SS☆ 人魚の涙

人魚の涙 なぁ秀孝、人魚の涙って見たことあるか? それって真珠のこと? そうだな、普通はそうだよな? 違うの? ‥いや、あってるんじゃないか? ‥‥? 夢、見たんだよ ‥夢?どんな 俺は海の中にいて‥魚なんだ ‥圭祐が魚なの? あぁ、きっと熱帯魚かなんかだ…

○日記○ ここまでの日々

4月に今の職場に配属されて、新しい業務を把握するのは遅くはなかったともうのですが。そうですね、なんというか。久しぶりに小規模な職場なので、兼任業務が多くて、自分がその曜日にどこにいて、何そしているべきなのかをつかむのが難しかったです。 5月は…

☆SS☆雨降り 7/18

雨降り 雨の強さに、空が白くけぶる夏の夜。 物干しに少年が一人、雨を避けながら読書に耽っていた。 ‥‥英和(えいわ) と、そこに現れた新たな少年、手には湯気を立てるカップを二つ。 ‥東洋(はるひろ)、何処から入ったのさ 勿論、玄関からさ、ついでにキ…

☆SS☆南のオーロラ

南のオーロラ 亜熱帯。 何処までも続く、白い砂浜。遠浅な海岸故に広がる、だだっ広い、スペアミントの海‥‥。 初夏の日射しが降り注ぐ窓辺に、白いリネンのカーテンが爽やかにゆれる。 籐の椅子に座った少年は、読んでいた雑誌を膝におき、窓の縁に腰掛けて…

☆詩☆声には出せず 7/17

声には出せず 2011年06月15日17:14 睫毛を揺らす その声は 広く渡ってどこまでも 何をするでもなく たゆたうように 私を包む 前髪があがり 頬には口付け 誰からでもない 自分への想い 呟くに留まらず 叫ぶに収まらず しようがないので 黙り込む そんな私に …